> > お忘れなく!こんな場合にアイフルの収入証明は必要

お忘れなく!こんな場合にアイフルの収入証明は必要

アイフルからの借入の際、重要なのは必要書類をきちんと揃えるということです。

特に即日で借り入れたいと思っている方にとっては重要な点です。

書類が揃っていなかったばかりに必要な資金を借りれなかった、という方は実際に多くいらっしゃいます。

書類は大きく分けて本人確認のための書類と収入証明に分けられますが、ここではアイフルの収入証明にスポットをあてます。

収入証明が必要なのは貸金業法と関係がある

貸金業法が2010年に改正されてから、総量規制という制度が導入されるようになりました。

総量規制=年間の個人に対する融資額を年収の3分の1に制限する

そして、注意すべき点として貸金業法の対象は消費者金融ですから、銀行は総量規制の影響を受けません。

アイフルは消費者金融ですから、貸金業法の規制を受けますし、当然総量規制の縛りを受けます。

そのため、アイフルは相手の融資希望額が相手の収入の3分の1を超えていないかをチェックする必要があります。

というよりむしろそうするように法律で義務付けられています。

収入証明によってアイフルも相手の申告内容を担保する

アイフルが収入証明の提出を義務付けているのは総量規制だけが原因ではありません。

例えば、融資申込者がアルバイトなのに、申込の際に年収400万円の企業に正社員として勤めている、と虚偽の申告をしたらどうでしょうか?

もしアイフルがその情報を鵜呑みにしてしまい、融資を決定したとします。

あっという間にその債務者が返済不能になるのは目に見えていますよね。

そこでアイフルとしては相手の申告が本当かどうか収入証明によって審査するのです。

このことからわかるのは、申告の際に嘘をついてもすぐにバレる、ということです。

実際、アイフルにかぎらず、消費者金融の審査の際にもっともやってはいけないのは、嘘をつくことです。

結果的には十分な返済能力があるとしても虚偽の申告をすれば、一気にアイフルからの信用を失ってしまいます。

アイフルばかりか、その虚偽申告の事実は個人の信用情報にも登録されますから、他の会社から借りようとしても借入が難しくなってしまいます。

結局、どんな取引関係においても重要なのは誠実さ、ということでしょうか。

アイフルで収入証明が必要な3つの場合

さて、アイフルにおいて収入証明が必要な理由について分かったところで、実際どんなケースにおいて収入証明が必要か見てみましょう。

この点はアイフルのホームページにもしっかりと明記されています。以下の通りです。

  • アイフルの利用限度額が50万円を超える場合
  • アイフルの利用限度額と、他の貸金業者からの借入合計額が100万円を超える場合
  • 提出していてもすでに前回の提出から3年以上経過している場合

一つ一つ見て行きましょう。

なぜ利用限度額50万円が分水嶺なのか?

「50万円を超える場合」ということは50万円は入るのでしょうか?

答えは入りません。

ですから、アイフルでは50万円を1円でも超えれば収入証明が必要ということになります。

逆に言えば、当たり前のことですが、融資希望額が50万円までであれば、収入証明は必要ない というわけです。

なぜ「50万円」なのでしょうか?

考えてみてください。

50万円の借入を受けるためには年収が150万円以上でなければなりません。

年収の3分の1までしか貸せないというのが総量規制ですよね。

しかし、年収150万円以下という人たちがどれほどいるでしょうか。

日本でいわゆる低所得者層といわれているのが、年収200万円以下の人たちです。

それをさらに下回る人たちです。

もちろん、アルバイトの人もアイフルでの借入は可能です。

しかし、ここでいうアルバイトというは高校生のアルバイトのように月給5万円のコンビニアルバイトを指すわけではありませんよね。

そんな人たちが審査に通るわけもありませんし、お金を借りる資格もありません。

そんな風に考えると、アルバイトといっても正社員並みに稼いでいる人、そうなると月収15万円程度にはなるでしょう。

年収180万円です。

わざわざ収入証明を提出しなくても50万円までは貸して良い、という判断は妥当なのではないでしょうか?

「他の業者と合わせて100万円を超える場合」に収入証明が必要な理由

さて、アイフルが50万円までは収入証明が不要、としていますと、中には他からの借金があっても

自分がアイフルから借りるのは30万円だけだから収入証明が必要ない

と考える方がいるかもしれません。

しかし、もう一度総量規制の定義を思い出してみましょう。

総量規制が定めているのは1社あたりの借入に限りません。

個人が1年間から借りる総借入額の3分の1までしか消費者金融は貸すことができない、それが総量規制です。

ですから、仮にアイフルから借りたい額が30万円であっても、他の会社と合わせて100万円を超える場合は総量規制に抵触する可能性大というわけですね。

しかも、他の会社から借りているということ自体が審査にかなりのマイナスの影響を与えることは否定できません。

仮に他の会社からの借入が100万円を超えていない場合であっても、アイフルも融資に二の足を踏む可能性があります。

なぜなら、他の会社からすでに借りているということは、すでに借りている金額に加えてさらに借り入れる可能性があるからです。

そして、それは当然アイフルへの返済にも影響してきます。

3年経てば事情も大きく変化する

3つめの収入証明の提出が必要な場合はあえて多くの解説は必要ないでしょう。

前回の提出から3年も経過していれば状況も大きく変化する可能性があるからです。

3年前に一部上場の企業に勤めていたので、融資を決定したとしても、現在もそうとは限りません。

アイフルではこんな方法で収入証明を提出可能

以上の3つのケースに該当する場合は収入証明の提出が必要になります。

しかし、アイフルでは様々な方法で書類の提出が可能なので、大変便利です。

以下のような方法があります。

  • パソコン(スマートフォン)から送信
  • FAXで送信
  • 郵送
  • 店頭へ持参
  • スマホアプリを使う
  • 携帯でQRコードを使って送信

実に多彩な方法が準備されていますので、ご自分のニーズにあった方法を選ぶことができます。

提出すべき書類もきちんとチェック!

最後に提出すべき収入証明を確認しておきましょう。

  • 源泉徴収票
  • 直近2ヶ月の給与明細書
  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書
  • 支払調書
  • 所得証明書

です。いずれも原本は必要でなく、コピーの提出で足ります。

収入証明を忘れずに即日キャッシング!

以上、アイフルで収入証明の提出が必要な場合についてまとめてみました。

うっかり準備を忘れて審査に通らなかったとか、スピーディーに借りれなかった、ということがないように気をつけましょう。

【参考ページはこちら】
アイフルの申込み書類は何が必要?カードはいつ届く?

新着記事
ページトップへ