> > お金を借りたい!アイフルの審査はニートでも通る?

お金を借りたい!アイフルの審査はニートでも通る?

レジャーや教養、旅行やショッピングと、臨時の出費というのは後を絶ちませんね。そしてそんな時、強い味方になったくれるのがアイフルです。

アイフルは、アルバイトやパート、主婦や学生でも申し込み可能なので、誰でも気軽にお金を借りることが出来るのです。

それでは、今流行のニートの場合はどうでしょう?ニートでもアイフルの審査に通るのでしょうか?

就職難の現代では、学校を卒業後にも就職出来ない方も多く、そのためニートの部類に入る人も増えていますね。

そこで、フリーターともちょっと違う、ニートの場合、アイフルを利用出来るのかどうかについて、詳しくご説明致しましょう。

誰でも借りれるアイフル!しかし譲れない申し込み条件とは!?

アイフルは、誰もが利用出来るカードローンとして人気がありますが、誰でもとはいえ、利用するにはある一定の条件が必要です。

では、アイフルの申し込み条件をご紹介致しましょう。申し込み条件は次の表のとおりです。

申し込み条件 利用可能基準
年齢 満20歳以上69歳まで(取引中満70歳になった時点で融資停止)
その他の条件
  • 定期的な収入と返済能力を有すること
    (給与所得者、自営業者、パート・アルバイト、派遣・出向・嘱託社員、主婦、学生)
  • 過去に返済遅滞などの履歴がないこと

この表のように、アイフルの申し込み条件というのは、大きく分けて2つになります。

ひとつは年齢です。これは法律上、未成年の契約はとても不安定なものであるため、アイフルでも20歳以上という年齢設定をしています。

そして、定年や年金受給開始の年齢前後でもある、69歳までという上限設定をしているのです。

この年齢の範囲内であれば、申し込み可能ということになります。

そしてもうひとつの条件は、定期的な収入があることです。

この定期的な収入があるというのは、給与所得者であるということを指します。

正社員ではなく、アルバイトやパート、また主婦や学生の方でも、働いて得た収入があれば、申し込み可能なのです。

そして、この2つの条件を満たしている人が、アイフルを利用出来る人ということになるのです。

意外と知らない!?アイフルならバイトや派遣でも借入可能!

キャッシングというと、社会人であることが前提のようなイメージがありますが、実際はそうではないということですね。

正社員として就職していなくても、アルバイトやパート、派遣でもアイフルの審査には通ります。また、主婦や学生でも申し込めるのです。

今の世の中、正社員ではなく、派遣や契約社員、パートやアルバイトといった就業形態の比率を多くしている企業はたくさんあります。
(⇒アイフルの利用は勤務先にばれない?

ところが、ローンや契約などにおいて、派遣や契約社員、パートやアルバイトというのは、何かと審査に通りにくいものですよね。

しかしアイフルでは、何の問題も無く審査に通りますし、もちろん利用も可能なのです。

自分では利用出来ないだろうと諦めている方々も、チャンスがあると思ってください。

とはいえ、アイフルの申し込み条件には「定期的な収入があること」とありますね。それは絶対的に譲れない条件です。

では、逆にアイフルに申し込めない場合をご説明致しましょう。

本人に収入が無い3つの場合とは

いくら安定した収入があり、問題なく生活をしている方でも、その収入が配偶者からのものであったり、また年金である場合には、アイフルの利用は出来ません。

また、休職中であったり、就活中であったりする場合で、現在無職である場合にもアイフルの利用は出来ないのです。

まとめると、アイフルに申し込めないのは、本人に収入が無い場合であり、具体的には次の3つになります。

  • 専業主婦
  • 年金受給者
  • 無職

しかし、この3つに当てはまる場合でも、アルバイトなどをしていれば、申し込み可能となるのです。

過去に返済遅滞などの履歴がある場合

また、仕事、収入に関係なく、アイフルの審査には通らない場合もあります。それは過去の返済履歴です。

過去に一度でも、返済遅滞などの履歴がある場合、返済能力に欠けるとして、アイフルだけでなく、どの金融機関からの借り入れも出来ません。

個人のキャッシング履歴というのは、クレジットカードなども含め、全て信用情報機関へ記録されています。

そしてアイフルの審査では、この信用情報機関への照会によって、現在の借り入れ状況や過去の返済履歴などをしっかりとチェックするのです。

ですから、安定した収入があっても、現在他社からも多額の借り入れがあったり、過去に返済遅滞などの履歴がある場合は審査に通らないのです。

返済遅滞の履歴というのは、5年間は残っていますから、その間はいくら収入があっても、アイフルの利用は出来ません。

ニートとフリーターの違いは!?知っておくべき審査に通る境界線

では本題です。ニートの場合はアイフルの利用が出来るのでしょうか。

この答えを出す前に、まずニートについて定義しておくと、「教育を受けていない」、「仕事に就いていない」、「職業訓練を受けていない」の全てに当てはまる人のことです。

年齢的には、こうした状況にある、10歳代後半から30歳代後半までの方をいう場合が多いでしょう。

学校へ行っていれば学生ですし、仕事をしていれば社会人ですよね。それに、職業訓練を受けていたり、また就活中であればニートとはいえないわけです。

また、病気やガなどで働けない方なども、ニートとは呼びませんね。

一方、似たような使われ方をする「フリーター」について定義してみると、「正社員・正職員以外の就労形態(契約社員・派遣社員・アルバイト・パートなど)で生計を立てている方のことです。

年齢的にはニートと同じで10歳代後半から30歳代後半までの人を指す場合が多いでしょう。

実は、この「ニート」と「フリーター」の違いこそ、アイフルの審査に通るか通らないかの大きな境界線ともいえるのです。

アイフルでは、フリーターは審査に通りますが、ニートでは審査に通らないのです。

アルバイトやパートでも、自分で働いて得た収入があればアイフルでは利用が可能ですから、フリーターならもちろん利用が出来ます。

しかし、働いていないニートの場合、いくら親権者などの収入で不自由なく生活をしていたとしても、アイフルの利用は出来ないのです。

ただし、ニートでもアルバイトをしていたりする場合なら、話は別です。しかし、これは厳密に言うとニートとは呼べなくなるでしょう。

働く意思があるか無いかという、内面的な問題もありますし、実際、両者は同じような括りで表現されることもありますが、実はここにはっきりとした境界線があるのです。

そしてその境界線こそが、アイフルの審査に通るか通らないかの境目ともなっているのです。

【審査に通るか不安な時は1秒診断で!】
この微妙な境目にいる場合、自分が審査に通るかどうか不安な方もいらっしゃるでしょう。

そんな時には、アイフルの1秒診断をしてみることをおすすめします。

アイフルではWEB上の簡単な入力をするだけで、1秒で借り入れ可能かどうかを診断してくれるのです。

もちろんこれは仮りの結果であり、本審査でも必ず通るとは限りませんが、正社員などとして働いていない方々にとっては、安心して申し込めるきっかけになると思います。

アイフル審査に通りたい!だったらココだけは抑えておくべきこと

では最後に、ニートの場合も含め、アイフルの審査に通るにはココだけは抑えておきたいというチェックポイントを教えしましょう。

チェックポイント 審査に通る基準
安定した収入があるか 自分で働いて得た収入か
返済能力があるか 過去に返済遅滞などの履歴がないか


アイフルでは、申し込み条件にもあるように、「定期的な収入があること」と、「返済能力があること」が最低限の利用可能基準です。

定期的な収入というのは、先ほどご説明いたしましたように、本人に収入がある場合であり、配偶者の収入で生活している専業主婦や、年金受給者の方では審査に通りません。

しかし、正社員・正職員ではなくとも、アルバイトやパート、派遣社員などで働いていれば、審査には通ります。

そして、返済能力があるかどうかというのは、これも先ほどもご説明致しましたように、過去に返済遅滞などの履歴が無いかどうかということです。

信用情報機関にこうした履歴があると、審査には通りません。

しかし、この2つのポイントをクリアしていたとしても、生活状況や他社からの借り入れ状況など、様々な条件によって、必ずしも審査に通るとは限りません。

あくまでもこの2つは最低限抑えておきたい条件であり、ニートが審査に通るか通らないかの重要なラインでもあるのです。

アイフルではこのように幅広い方々の利用が可能です。

ニートの方々も、アルバイトなどをすれば、申し込めますし、社会人として認められる良いチャンスとなるのではないでしょうか。

新着記事
ページトップへ